健康で文化的な最低限度の生活 あらすじ 5話

健康で文化的な最低限度の生活 あらすじ 5話

2018年 夏の連続ドラマを紹介します。

今回は火曜日オススメは・・・

吉岡里帆が新人ケースワーカーに!

「健康で文化的な最低限度の生活」

物語は、 笑って泣けるヒューマンドラマ

8月14日(火)は、5話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

健康で文化的な最低限度の生活 あらすじ 5話は、下記の内容となります。

うつ病で無職だという26歳の島岡(佐野岳)が生活保護の申請に訪れる。

えみる(吉岡里帆)は、親族に援助の可否を問う「扶養照会」をすると説明するが、島岡は「無理」を繰り返すばかり。

半田(井浦新)はえみるに、家族関係悪化の原因にもなりかねないので‘保留’という選択肢もあると助言する。

そんな中、島岡の父・雷(小市慢太郎)が静岡在住の医師と判明。京極(田中圭)に促され、えみるは扶養照会を進めることにするが・・・。

以上が、健康で文化的な最低限度の生活 あらすじ 5話の紹介です。

「健康で文化的な最低限度の生活」の放送は、フジテレビ系にて 毎週火曜 21:00~21:54 です。

吉岡里帆さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント