高嶺の花 あらすじ 6話

高嶺の花 あらすじ 6話

2018年 夏の連続ドラマ 水曜日のオススメは、石原さとみさん 主演「高嶺の花」です。

6話目の放送は、8月15日(水)です。

物語は、“運命の恋”を描く純愛エンターテインメント

最新のあらすじが、公開されました。

高嶺の花 あらすじ 6話は、下記の内容となります。

思うように生け花ができないもも(石原さとみ)は、‘もう1人の自分’が見えなくなったと直人(峯田和伸)に明かして涙をこぼす。

もものひそかな決意を知った高井(升毅)は、ルリ子(戸田菜穂)の不穏な動きを市松(小日向文世)に伝える。

その頃、ルリ子はなな(芳根京子)を家元に推してくれる師範20人のリストを龍一(千葉雄大)に渡していた。

そんな中、ももは市松を襲った吉池(三浦貴大)を自宅にかくまう一方、直人との結婚の準備を進める。

以上が、高嶺の花 あらすじ の紹介でした。

「高嶺の花」の放送は、日本テレビ系にて 毎週水曜 22:00~23:00 です。

石原さとみさん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント