dele あらすじ 4話

dele あらすじ 4話

山田孝之と菅田将暉のダブル主演で描く

「dele」いよいよ8月17日(金)は、4話目の放送となります。

物語は、“デジタル遺品”を題材にした1話完結ドラマ

最新のあらすじが、公開されました。

dele あらすじ 4話は、下記の内容となります。

圭司(山田孝之)が依頼人の30代男性・日暮のファイルを消去せずに開くと言い、祐太郎(菅田将暉)は驚く。

そこには、子どもが描いたような10枚ほどの色鉛筆画が。

病死した日暮は25年前、‘天才超能力少年’として注目された人物。

霊視で失踪者を見つけ出すテレビ番組は高視聴率を記録し、彼は圭司の憧れのヒーローだった。

圭司たちは、日暮がメディアから消える前に出た最後の番組で、母親捜しを依頼した美香を訪ねる。

以上が、dele あらすじ 4話の紹介でした。

「dele」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週金曜 23:15~24:15 です。

山田孝之さんと菅田将暉さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント