サバイバル・ウェディング あらすじ 6話

サバイバル・ウェディング あらすじ 6話

2018年 夏の連続ドラマ 土曜日のオススメは・・・

波瑠が恋も仕事もどん底のヒロインに!

「サバイバル・ウェディング」8月18日(土)は、6話目の放送となります。

物語は、上司のスパルタ指導で変身する痛快コメディー

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

サバイバル・ウェディング あらすじ 6話は、下記の内容となります。

タイアップ記事でのミスを謝罪するために、riz編集部に祐一(吉沢亮)がやってきた。

さやか(波瑠)は心配するが、祐一は宇佐美(伊勢谷友介)から「世界で挑戦しろ」と言われ感動し、2人はすっかり意気投合してしまう。

そんな中、宇佐美がパリコレに行くことになり、留守中の“編集長代理”に多香子(高橋メアリージュン)が指名された。

さやかは宇佐美から「婚活コラムの存在を隠し通せ」と言われただけで、次のデートでの“必勝の戦略”を伝授してもらえずオロオロ。

クライアントの永瀬(野間口徹)との不倫関係にケジメをつけようと決めた矢先に永瀬の妻・加奈(遼河はるひ)から慰謝料を請求された多香子も、その事実を誰にも相談できずに悩んでいた。

パリへと旅立った宇佐美が華麗なセレブライフを堪能する一方、rizの校了日に祐一とデートをすることが決まったさやか。

しかし校了日当日になって突然、多香子がファッションページをすべて組み直すと言い始める。

急きょ作業に取り掛かるも、多香子のイメージがなかなか定まらず、次第に編集部にイライラが募っていく。

一触即発の空気が漂う中、さやかと多香子は作業の進め方について口論となり、さやかは思わず多香子の不倫に言及してしまう。

さらにそんな中、多香子に会いに加奈がriz編集部に乗り込んできて・・・!?

祐一とのデートもキャンセルし、多香子を傷つけてしまったことを後悔するさやか。

恋も仕事も友情ものっぴきならない状況に…さやかこの大ピンチを、宇佐美の助けを借りずに乗り切ることはできるのか!?

以上が、サバイバル・ウェディング あらすじ 6話の紹介でした。

「サバイバル・ウェディング」の放送は、日本テレビ系にて 毎週土曜 22:00~22:54 です。

波瑠さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント