この世界の片隅に あらすじ 6話

この世界の片隅に あらすじ 6話

2018年 夏の連続ドラマ 金曜日のオススメは、松本穂香&松坂桃李 主演 日曜劇場「この世界の片隅に」です。

8月19日(日)は、6話目の放送となります。

昭和19年の広島を懸命に生きたごく普通の家族の愛の物語




最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりおたのしみください。

この世界の片隅に あらすじ 6話は、下記の内容となります。

昭和20年春。

呉にも空襲がやってきた。

北條家に被害はなかったが、戦争の陰が日に日に濃くなっていく。

そんなある日、北條家ではこんなご時勢だからと花見が企画される。

その花見は幸子(伊藤沙莉)に周作(松坂桃李)の同僚・成瀬(篠原篤)を紹介するという重大な会でもあった。

一行が公園に向かうと大勢の市民が桜を楽しんでいる。

いつ空襲に遭うかわからない非常時だが、考えることは一緒らしい。

サン(伊藤蘭)や径子(尾野真千子)は満開の桜に心が和む。

しかし、すずは人ごみの中にリン(二階堂ふみ)を見つけてしまい、逆に心乱れる。

初対面の幸子と成瀬を皆で盛りたてる中、すずは家族の輪から離れリンと接触する。

お互いに言いたいことはあるのだが、すずとリンの会話は噛み合わない。

しかし、すずはリンに全てを見透かされている気がして・・・。

花見からしばらく経ったある日、ラジオから工場が爆撃されたというニュースが。

その工場には円太郎(田口トモロヲ)が勤めている。

被害は軽微だと報道されているが、帰宅した周作は職場で壊滅的だと聞いたという。

さらに、文官だった周作が武官になることになり、教練のため三ヶ月ほど家に帰れないという。

突然の報告にすずは絶句する。

以上が、この世界の片隅に あらすじ 6話の紹介でした。

「この世界の片隅に」の放送は、TBS系にて 毎週日曜 21:00~21:54 です。

松本穂香さんと松坂桃李さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント