絶対零度 あらすじ 7話

絶対零度 あらすじ 7話

沢村一樹が「絶対零度」シリーズの新たな主人公に。

「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」8月20日(月)は、7話目の放送となります。

物語は、未然犯罪捜査チームの活躍を描く!!

最新のあらすじが公開されました。

絶対零度 あらすじ 7話

今回、システムが危険人物として検知した新谷は、実態のつかめない麻薬密売組織に所属している疑いがあり、2カ月前に警察の取り調べを受けた人物。

組織のボス・喜多野の正体は不明で、取り調べはその手掛かりを得るためでもあったが、結局は何も分からないままだ。

井沢(沢村一樹)らは新谷の犯行阻止を狙うと同時に、喜多野の正体も追う。

一方で、元々ミハン捜査は業務外と考える南(柄本時生)は迷いを深めていた。

以上が、絶対零度 あらすじ 7話の紹介でした。

「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」の放送は、フジテレビ系にて 毎週月曜 21:00~21:54 です。

沢村一樹さんファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント