遺留捜査 あらすじ 6話

遺留捜査 あらすじ 6話

2018年 夏の連続ドラマ 木曜日のオススメは、上川隆也さん 主演「遺留捜査」です。

物語は、風変わりな刑事・糸村聡の活躍を描く、人気ドラマの第5弾

8月23日(木)は、6話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

遺留捜査 あらすじ 6話は、下記の内容となります。

旧家・鴻上家の未亡人・美沙子(銀粉蝶)が殺された。

糸村(上川隆也)は凶器の石が気になる。美沙子の亡き息子の妻で第一発見者の紀香(櫻井淳子)によると、石は美沙子が取り寄せたというが、用途は分からない。

遺産は鴻上家の人間ではない美沙子の妹・夏江(久世星佳)と亡弟の子・清(石田佳央)が相続することに。

金に困っていたその2人と美沙子と仲が悪かった紀香に容疑がかかる中、凶器の石が砥石(といし)と分かる。

以上が、遺留捜査 あらすじ 6話の紹介でした。

「遺留捜査」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 20:00~20:54 です。

上川隆也さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント