絶対零度 あらすじ 8話

絶対零度 あらすじ 8話

沢村一樹が「絶対零度」シリーズの新たな主人公に。

「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」8月27日(月)は、8話目の放送となります。

物語は、未然犯罪捜査チームの活躍を描く!!

最新のあらすじが公開されました。

絶対零度 あらすじ 8話

システムが新たに繭美(白石麻衣)という美しい女性を危険人物に特定。

1週間後に私立大学理事長の息子・統一郎(入江甚儀)との結婚を控えた繭美は、2年前に整形手術によってこの顔を手に入れたらしい。

井沢(沢村一樹)らは繭美の標的を突き止めるために動き出す。

やがて、繭美の恋人だった康太(本田祐介)が3年前に事故死していることが判明。

そんな中、山内(横山裕)の元上司・長嶋(北大路欣也)が資料課分室に現れる。

以上が、絶対零度 あらすじ 8話の紹介でした。

「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」の放送は、フジテレビ系にて 毎週月曜 21:00~21:54 です。

沢村一樹さんファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント