ラストチャンス再生請負人 あらすじ 7話

ラストチャンス再生請負人 あらすじ 7話

仲村トオル主演! ドラマBiz「ラストチャンス 再生請負人」

8月27日(月)は、7話目の放送となります。

物語は、元銀行マンが企業の再建に挑むビジネスヒューマンドラマ

最新のあらすじが、公開されました。

ラストチャンス再生請負人 あらすじ 7話は、下記の内容となります。

樫村(仲村トオル)は宮内(椎名桔平)から、十和子(水野美紀)を操るのは創業者・結城(池田成志)だと知らされ、驚きを隠せない。

一方、宮内と前社長・大友(本田博太郎)は、商事会社の支援を受けて、会社を分割して売却するよう樫村に迫る。

社運を託す先は十和子の外食企業か、商事会社か。

経営再建のために決断を迫られる樫村は、十和子に結城との関係を問う。

混乱した樫村は、いつもの占い師(ミッキー・カーチス)を訪ねる。

以上が、ラストチャンス再生請負人 あらすじ 7話の紹介でした。

ドラマBiz「ラストチャンス 再生請負人」の放送は、テレビ東京系にて 毎週月曜 22:00~22:54 です。

仲村トオルさん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント