義母と娘のブルース あらすじ 8話

義母と娘のブルース あらすじ 8話

2018年 夏の連続ドラマ 火曜日のオススメは、綾瀬はるかさん 主演「義母と娘のブルース」です。

物語は、桜沢鈴の4コマ漫画を森下佳子の脚本でドラマ化

9月4日(火)は、8話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

義母と娘のブルース あらすじ 8話は、下記の内容となります。

亜希子 (綾瀬はるか) が考えたプランに従い、麦田 (佐藤健) は焼きたてパンを提供し、一時は客足も伸びたように見えていた 「ベーカリー麦田」 だったが、その作戦が仇となってしまい客足が遠のいてしまう。

このままではまずいと考えた亜希子は、「ベーカリー麦田」 を一度閉店し、リニューアルオープンすることを発案!

果たして、無事リニューアルオープンの日を迎えることができるのか !?

一方、店の再建を目指し一生懸命な亜希子の姿を見て、いつしか麦田に心境の変化が・・・。

以上が、義母と娘のブルース あらすじ 8話の紹介でした。

「義母と娘のブルース」の放送は、TBS系にて 毎週火曜 22:00~23:07 です。

綾瀬はるかさん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント