高嶺の花 あらすじ 8話

高嶺の花 あらすじ 8話

2018年 夏の連続ドラマ 水曜日のオススメは、石原さとみさん 主演「高嶺の花」です。

8話目の放送は、8月29日(水)です。

物語は、“運命の恋”を描く純愛エンターテインメント

最新のあらすじが、公開されました。

高嶺の花 あらすじ 8話は、下記の内容となります。

もも(石原さとみ)は兵馬(大貫勇輔)から、誰もいない場所にただ一人咲く‘高嶺の花’になりきる覚悟を持てば、失った感覚を取り戻すことができると言われる。

一方、直人(峯田和伸)は生け花の本を借りに図書館に行き、千秋(香里奈)と再会する。

そんな中、次期家元を決めるももとなな(芳根京子)の対決が始まる。

市松(小日向文世)は師範らをいったん退座させ、ももとなな、どちらの生けた花か分からない状態で審査を行うと宣言する。

以上が、高嶺の花 あらすじ 8話 の紹介でした。

「高嶺の花」の放送は、日本テレビ系にて 毎週水曜 22:00~23:00 です。

石原さとみさん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント