ハゲタカ あらすじ 7話

ハゲタカ あらすじ 7話

綾野剛が企業買収のダークヒーローに!

「ハゲタカ」8月30日(木)は、7話目の放送となります。

物語は、累計230万部超の人気小説を連続ドラマ化

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

ハゲタカ あらすじ 7話は、下記の内容となります。

2018年。

鷲津(綾野剛)は無人探査機開発を夢見る若手起業家・天宮(森崎ウィン)から支援を請われる。

同じ頃、国内最大の重工業メーカー「帝都重工」のデータ改ざん問題が世間を揺るがせていた。

政財界の黒幕として暗躍する飯島(小林薫)は同社救済のため鷲津を使おうと画策。

芝野(渡部篤郎)経由で接触し帝都重工買収を持ち掛けるが、鷲津は返答を保留する。

一方で、飯島は外資系企業傘下で実績を上げる貴子(沢尻エリカ)を訪ねる。

以上が、ハゲタカ あらすじ 7話の紹介でした。

「ハゲタカ」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 21:00~21:54 です。

綾野剛さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント