グッド・ドクター あらすじ 8話

グッド・ドクター あらすじ 8話

2018年 夏の連続ドラマ 木曜日のオススメは、山崎賢人さん 主演「グッド・ドクター」です。

8話目の放送は、8月30日(木)です。

山崎賢人がサヴァン症候群の小児外科医を熱演するヒューマンドラマ

最新のあらすじが、公開されました。

グッド・ドクター あらすじ 8話は、下記の内容となります。

入院中の陽翔(鳥越壮真)の母・香織は、夫を長野に残したまま中学生の長男・翔太(池田優斗)と共に病院近くに転居し、看病生活を送っている。

その香織が、立ちくらみでアパートの階段から転落し、翔太に付き添われて搬送された。

湊(山崎賢人)は、陽翔の病室に翔太を案内しようとするが、拒絶されて戸惑う。

翌日、日頃から我慢を強いられてきた翔太は、外出したいとだだをこねる陽翔に怒りを爆発させ、香織にも不満をぶちまける。

一方、間宮(戸次重幸)は猪口(板尾創路)からのメールにがくぜんとする。

以上が、グッド・ドクター あらすじ 8話の紹介でした。

「グッド・ドクター」の放送は、フジテレビ系にて 毎週木曜 22:00~22:54 です。

山崎賢人さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント