いつかこの雨がやむ日まで あらすじ 5話

いつかこの雨がやむ日まで あらすじ 5話

渡辺麻友がAKB48卒業後、初の連ドラ主演。

オトナの土ドラ「いつかこの雨がやむ日まで」9月1日(土)は、5話目の放送となります。

物語は、愛と罪と狂気を描くラブサスペンス

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

いつかこの雨がやむ日まで あらすじ 5話は、下記の内容となります。

芽衣(宮澤エマ)がけがをした。

度重なる不幸に、天竺(吹越満)は劇団の活動休止を決める。

動揺が広がる中、ひかり(渡辺麻友)は國彦(桐山漣)の関与を疑う。

一方、和也(堀井新太)の兄・幸一郎(間慎太郎)が銀行の融資を着服していたことが発覚。

店は信用を失い、食材の仕入れ先からは取引中止が相次ぐ。

窮地に陥った和也に沙耶(筧美和子)は、銀行役員の父親に融資継続を頼むと申し出る。

それは、沙耶との結婚が条件だった。

以上が、いつかこの雨がやむ日まで あらすじ 5話の紹介でした。

「いつかこの雨がやむ日まで」の放送は、フジテレビ系にて 毎週土曜 23:40~24:35 です。

渡辺麻友さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント