ゼロ一獲千金ゲーム あらすじ 8話

ゼロ一獲千金ゲーム あらすじ 8話

加藤シゲアキが福本伸行原作の連続ドラマで主演!

「ゼロ 一獲千金ゲーム」9月2日(日)は、8話目の放送となります。

物語は、真の友情を紡ぐストーリー!!

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

ゼロ一獲千金ゲーム あらすじ 8話の紹介です。

ゼロ(加藤シゲアキ)はヒロシ(岡山天音)ら友人達、セイギ(間宮祥太朗)とユウキ(小関裕太)、そして自分を当てにする他の挑戦者と共に、参加する21人全員の協力が必要な「魔女の館」に挑む。

館の門柱には「鏖(みなごろし)の魔女」とあり、それに気付いたゼロは気を引き締める。

会場は双頭の魔女像が鎮座する密室。

「死から逃れたければ部屋に埋め込まれた見えない数字と呪いを解け」との難問が峰子(小池栄子)から提示される。

以上が、ゼロ一獲千金ゲーム あらすじ 8話 の紹介でした。

「ゼロ 一獲千金ゲーム」の放送は、日本テレビ系にて 毎週日曜 22:30~23:25 です。

加藤シゲアキさん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント