絶対零度 あらすじ 9話

絶対零度 あらすじ 9話

沢村一樹が「絶対零度」シリーズの新たな主人公に。

「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」9月3日(月)は、9話目の放送となります。

物語は、未然犯罪捜査チームの活躍を描く!!

最新のあらすじが公開されました。

絶対零度 あらすじ 9話

警護課の警察官・石塚が危険人物と特定される。

彼を探る中で、山内(横山裕)は防犯カメラの映像に桜木(上戸彩)らしき女性が2回も写り込んでいるのを発見。

女性の真実を知るには石塚を追うことだと、井沢(沢村一樹)らは動き出す。

尾行を開始した小田切(本田翼)は、早々に石塚と接触。

一方、自宅に侵入した井沢と山内は、国家公安委員長・滝本が標的だと知る。

石塚は急きょ、滝本の警護を名乗り出ていた。

以上が、絶対零度 あらすじ 9話の紹介でした。

「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」の放送は、フジテレビ系にて 毎週月曜 21:00~21:54 です。

沢村一樹さんファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント