健康で文化的な最低限度の生活 あらすじ 8話

健康で文化的な最低限度の生活 あらすじ 8話

2018年 夏の連続ドラマを紹介します。

今回は火曜日オススメは・・・

吉岡里帆が新人ケースワーカーに!

「健康で文化的な最低限度の生活」

物語は、 笑って泣けるヒューマンドラマ

9月4日(火)は、8話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

健康で文化的な最低限度の生活 あらすじ 8話は、下記の内容となります。

えみる(吉岡里帆)が担当する利用者の赤嶺(音尾琢真)が、急性膵炎(すいえん)で救急搬送された。

アルコール依存症が疑われ、飲み続けたら死ぬような状態だという。

えみるは赤嶺に、禁酒して体を治すことを約束させる。

しかし、赤嶺は翌日には泥酔して大暴れ。

半田(井浦新)は、アルコール依存症について調べ始めたえみるを断酒会に連れていく。

会に出席したえみるは、金森(遊井亮子)ら参加者の話に衝撃を受ける。

以上が、健康で文化的な最低限度の生活 あらすじ 8話の紹介です。

「健康で文化的な最低限度の生活」の放送は、フジテレビ系にて 毎週火曜 21:00~21:54 です。

吉岡里帆さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント