刑事7人 あらすじ 9話

刑事7人 あらすじ 9話

2018年 夏の連続ドラマ 水曜日のオススメは、「刑事7人」です。

東山紀之演じる刑事・天樹悠を中心に、新たな7人のスペシャリストが集結!

9月5日(水)は、9話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

刑事7人 あらすじ 9話の紹介です。

交番勤務の警官が拳銃を奪われ射殺された。片桐(吉田鋼太郎)の指示で独自の視点から捜査に乗り出した海老沢(田辺誠一)や環(倉科カナ)らは、被害者の日誌に出てくるホストらに話を聞いて回る。

一方の天樹(東山紀之)は、50年前に4人を射殺した死刑囚・中山の模倣犯である可能性を示唆。

数日後、50年前の事件と同じ状況で2人目の犠牲者が出てしまう。

天樹は50年前に中山の精神鑑定を行った医師の右川を訪ねる。

以上が、刑事7人 あらすじ 9話の紹介でした。

「刑事7人」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週水曜 21:00~21:54 です。

東山紀之さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント