ゼロ一獲千金ゲーム あらすじ 9話

ゼロ一獲千金ゲーム あらすじ 9話

加藤シゲアキが福本伸行原作の連続ドラマで主演!

「ゼロ 一獲千金ゲーム」9月9日(日)は、9話目の放送となります。

物語は、真の友情を紡ぐストーリー!!

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

ゼロ一獲千金ゲーム あらすじ 9話の紹介です。

標(佐藤龍我)が4個のリングを獲得し、賞金1千億円を手にする権利を得た。

だが、峰子(小池栄子)は20分間の猶予を与え、その間にリングを4個集めた参加者と標が決勝戦を行うと発表する。

ゼロ(加藤シゲアキ)は標に近づき、彼から以前持ち掛けられた「在全(梅沢富美男)を倒す」という言葉の真意を聞く。

それは、無謀かつ危険な策だった。

自分が勝たないと標の暴走を止められないと悟ったゼロは、リングを揃えるべく動き出す。

以上が、ゼロ一獲千金ゲーム あらすじ 9話 の紹介でした。

「ゼロ 一獲千金ゲーム」の放送は、日本テレビ系にて 毎週日曜 22:30~23:25 です。

加藤シゲアキさん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント