高嶺の花 あらすじ 最終回

高嶺の花 あらすじ 最終回

2018年 夏の連続ドラマ 水曜日のオススメは、石原さとみさん 主演「高嶺の花」です。

最終回の放送は、9月12日(水)です。

物語は、“運命の恋”を描く純愛エンターテインメント

最新のあらすじが、公開されました。

高嶺の花 あらすじ 最終回は、下記の内容となります。

千秋(香里奈)の携帯電話を通して直人(峯田和伸)の真っすぐな思いを知り、心打たれるもも(石原さとみ)。

市松(小日向文世)とルリ子(戸田菜穂)に向き合ったなな(芳根京子)は、自分の揺るぎない意志を伝えていた。

佳代子(笛木優子)の店に現れた千秋は、直人と仲間達に、ももの友人の医師だと自らの正体を明かし、行動の真意を告白する。

一方、ななに言われて市松の愛情に気付いたももは、月島の家元になることを決意。

市松がももと龍一(千葉雄大)の婚姻を進めようとする中、ももは直人に会い、感謝と別れを告げる。

以上が、高嶺の花 あらすじ 最終回 の紹介でした。

「高嶺の花」の放送は、日本テレビ系にて 毎週水曜 22:00~23:00 です。

石原さとみさん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント