健康で文化的な最低限度の生活 あらすじ 最終回

健康で文化的な最低限度の生活 あらすじ 最終回

2018年 夏の連続ドラマを紹介します。

今回は火曜日オススメは・・・

吉岡里帆が新人ケースワーカーに!

「健康で文化的な最低限度の生活」

物語は、 笑って泣けるヒューマンドラマ

9月18日(火)は、最終回の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

健康で文化的な最低限度の生活 あらすじ 最終回は、下記の内容となります。

えみる(吉岡里帆)は、ハルカ(永岡心花)を1週間以上放置して連絡のつかない梓(松本まりか)に入る生活保護費を、銀行振り込みから窓口支給に変更。

すると梓が恋人・洋介(渋谷謙人)と乗り込んで来る。

京極(田中圭)、半田(井浦新)と応対し、ハルカを梓の元に帰すのは危険だと判断したえみる。

だが児童養護施設入所には親の同意が必要だ。

一方、阿久沢(遠藤憲一)は麻里(阿部純子)におなかの子の父親と話してみるよう促す。

以上が、健康で文化的な最低限度の生活 あらすじ 最終回の紹介です。

「健康で文化的な最低限度の生活」の放送は、フジテレビ系にて 毎週火曜 21:00~21:54 です。

吉岡里帆さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント