いつかこの雨がやむ日まで あらすじ 7話

いつかこの雨がやむ日まで あらすじ 7話

渡辺麻友がAKB48卒業後、初の連ドラ主演。

オトナの土ドラ「いつかこの雨がやむ日まで」9月22日(土)は、7話目の放送となります。

物語は、愛と罪と狂気を描くラブサスペンス

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

いつかこの雨がやむ日まで あらすじ 7話は、下記の内容となります。

國彦(桐山漣)が歩道橋から転落し、意識不明の状態で病院に搬送された。

ひかり(渡辺麻友)は國彦の様子を見て思わず笑みを浮かべる。

それを由布子(斉藤由貴)に指摘され、自分の中に芽生えた感情に気付いたひかりは、恐怖を覚える。

一方、剛田(木村祐一)はなぜ千尋(星野真里)が國彦をかくまっていたのか、なぜ政治家の矢吹(京本政樹)が15年前の殺人事件の目撃証言を改ざんさせたのかを思案し、ある推理を矢吹にぶつける。

以上が、いつかこの雨がやむ日まで あらすじ 7話の紹介でした。

「いつかこの雨がやむ日まで」の放送は、フジテレビ系にて 毎週土曜 23:40~24:35 です。

渡辺麻友さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント