いつかこの雨がやむ日まで あらすじ 最終回

いつかこの雨がやむ日まで あらすじ 最終回

渡辺麻友がAKB48卒業後、初の連ドラ主演。

オトナの土ドラ「いつかこの雨がやむ日まで」9月29日(土)は、最終回の放送となります。

物語は、愛と罪と狂気を描くラブサスペンス

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

いつかこの雨がやむ日まで あらすじ 最終回は、下記の内容となります。

天竺(吹越満)が目の前で死んだ。

ひかり(渡辺麻友)は今まで信じてきたもの全てを崩されたような不安にさいなまれる。

そんな中、意識不明だった國彦(桐山漣)が目覚めた。

ひかりは由布子(斉藤由貴)から連絡を受けて國彦を病院に見舞った帰り、何者かに階段から突き落とされる。

一方、沙耶(筧美和子)との結婚準備を進める和也(堀井新太)だったが、妙な焦燥感に襲われ、麻美(三倉茉奈)が殺された15年前の記憶を呼び戻そうとする。

その頃、千尋(星野真里)は剛田(木村祐一)から、15年前の事件当時のことを聞かれていて・・・。

以上が、いつかこの雨がやむ日まで あらすじ 最終回の紹介でした。

「いつかこの雨がやむ日まで」の放送は、フジテレビ系にて 毎週土曜 23:40~24:35 です。

渡辺麻友さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント