駐在刑事 あらすじ

駐在刑事 あらすじ

人気シリーズ待望の連ドラ化!

金曜8時のドラマ「駐在刑事」10月19日(金)放送スタート!!

物語は、奥多摩の自然を舞台に“駐在さん”が事件の謎を解く。

今回は、ドラマのあらすじの紹介です。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

駐在刑事 あらすじは、下記の内容となります。

東京の奥多摩・水根に駐在する警察官・江波敦史(寺島進)は、かつて警視庁捜査一課の刑事として活躍していたが、担当事件の取り調べ中、重要参考人が服毒自殺したことで奥多摩の駐在所へ左遷されてきた。

しかし、江波は今や地元では“駐在さん”と呼ばれて慕われている。

そんな奥多摩で、次々と事件が起こる。

江波は、時に組織や上司とぶつかりながらも、ただ犯人を捕まえるだけではなく、目の前にいる人に寄り添い、汗を流して奔走する。

以上が、駐在刑事 あらすじの紹介でした。

金曜8時のドラマ「駐在刑事」の放送は、テレビ東京系にて 毎週金曜 20:00~20:54 です。

寺島進さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント