ドロ刑 あらすじ 1話

ドロ刑 あらすじ 1話

中島健人が初の刑事役で主演!

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」10月13日(土)は、1話目の放送となります。

物語は、 “大泥棒”遠藤憲一とコンビを組んで難事件を解決する

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

ドロ刑 あらすじ 1話は、下記の内容となります。

「公務員で安定している」との理由で警察官になった斑目(中島健人)はなぜか警視庁捜査三課の刑事に抜てきされる。

残業が嫌いなため意気消沈した斑目は、バーで先客(遠藤憲一)に愚痴をこぼす。

先客は実は、誰も姿を見たことがない大泥棒・煙鴉。

以前、犯行現場で煙鴉の残り香を嗅いだ斑目は正体を言い当てるが、証拠固めが大変だから逮捕しないと言う。

そんな中、斑目は伝説の空き巣・瀬戸(高橋克実)を追うことになる。

以上が、ドロ刑 あらすじ 1話の紹介でした。

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」の放送は、日本テレビ系にて 毎週土曜 22:00~22:54 です。

中島健人さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント