下町ロケット あらすじ 2話

下町ロケット あらすじ 2話

阿部寛さん 主演の感動巨編!

日曜劇場「下町ロケット」10月21日(日)は、2話目の放送となります。

物語は、宇宙から大地へ、佃製作所の新たな挑戦の幕が上がる!!

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

下町ロケット あらすじ 2話は、下記の内容となります。

佃(阿部寛)は「帝国重工」の水原(木下ほうか)の要請で、ロケットの新型エンジンに適応するバルブシステムの製造に着手。

一方、佃達とトラクター向けトランスミッション開発を進める伊丹(尾上菊之助)と島津(イモトアヤコ)の会社「ギアゴースト」が特許侵害を指摘される。

相手側の顧問弁護士は、かつて佃達と敵対した中川(池畑慎之介)だった。

佃は弁護士・神谷(恵俊彰)に相談。

すると、意外な提案をされる。

以上が、下町ロケット あらすじ 2話の紹介でした。

日曜劇場「下町ロケット」の放送は、TBS系にて 毎週日曜 21:00~21:54 です。

阿部寛さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント