科捜研の女 あらすじ 2話

科捜研の女 あらすじ 2話

沢口靖子が科学捜査で難事件に挑む人気ミステリー

「科捜研の女」いよいよ第18シリーズへ!!

10月25日(木)は、2話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

科捜研の女 あらすじ 2話は、下記に内容となります。

山中で他殺体が見つかった。

遺体を埋めた主婦・みのり(雛形あきこ)、パート従業員・史(宮本真希)、ネイリスト・奈緒(阿南敦子)の3人は、マリコ(沢口靖子)らの鑑識作業を見て不安が募る。

マリコは被害者の指の爪2本の形が他と違うことに気付く。

やがて被害者がレストラン店主・伊藤(井之上チャル)と判明。

殺害現場の店の厨房を調べたマリコはペット用見守りカメラを見つける。

その映像を見ていたみのりらは・・・。

以上が、科捜研の女 あらすじ 2話の紹介でした。

「科捜研の女」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 20:00~20:54 です。

沢口靖子さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント