黄昏流星群 あらすじ 3話

黄昏流星群 あらすじ 3話

2018年 秋の連続ドラマ 木曜日のおススメは、佐々木蔵之介さん 主演 「黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~」です。

物語は、弘兼憲史の同名コミック第1集「不惑の星」をベースに、図らずも落ちてしまったあらがえない運命の恋と、それを取り巻く人々の人間ドラマを描く。

10月25日(木)は、3話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

今回はドラマのあらすじを紹介致します。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

黄昏流星群 あらすじ 3話は、下記の内容となります。

出向を言い出せずにいた完治(佐々木蔵之介)は、銀行へ忘れ物を届けにいった真璃子(中山美穂)が、薫(本仮屋ユイカ)から出向の件を聞いてしまったと知り、絶句。

弁解の余地はなく、美咲(石川恋)からも、自分の結婚までは銀行員でいてほしかったと責められる。

そんな家族の思いとは裏腹に、完治は気が付くと栞(黒木瞳)のことを考えてしまう。

一方、パソコンで離婚について調べていた真璃子は、春輝(藤井流星)から声を掛けられる。

以上が、黄昏流星群 あらすじ 3話の紹介でした。

「黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~」の放送は、フジテレビ系にて 毎週木曜 22:00~22:54 です。

佐々木蔵之介さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント