ドロ刑 あらすじ 3話

ドロ刑 あらすじ 3話

中島健人が初の刑事役で主演!

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」10月27日(土)は、3話目の放送となります。

物語は、 “大泥棒”遠藤憲一とコンビを組んで難事件を解決する

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

ドロ刑 あらすじ 3話は、下記の内容となります。

勝手田(丸山智己)から後継者と見込まれた斑目(中島健人)だが、教えられるお茶くみや掃除に意味を見いだせずうんざり。

そんな中、窃盗団による金塊強奪事件が発生。

しかし、13係に見切りをつけた鯨岡(稲森いずみ)は、それより自転車泥棒を追って点数稼ぎをするよう指示する。

やる気を失った斑目だが、煙鴉(遠藤憲一)の導きにより窃盗団の順平(寛一郎)と出会い、意気投合。

彼から仲間に誘われた斑目は、初めての潜入捜査に挑む。

以上が、ドロ刑 あらすじ 3話の紹介でした。

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」の放送は、日本テレビ系にて 毎週土曜 22:00~22:54 です。

中島健人さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント