黄昏流星群 あらすじ 4話

黄昏流星群 あらすじ 4話

2018年 秋の連続ドラマ 木曜日のおススメは、佐々木蔵之介さん 主演 「黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~」です。

物語は、弘兼憲史の同名コミック第1集「不惑の星」をベースに、図らずも落ちてしまったあらがえない運命の恋と、それを取り巻く人々の人間ドラマを描く。

11月1日(木)は、4話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

今回はドラマのあらすじを紹介致します。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

黄昏流星群 あらすじ 4話は、下記の内容となります。

完治(佐々木蔵之介)と栞(黒木瞳)ばかりか、真璃子(中山美穂)と春輝(藤井流星)もある出来事から距離を縮める。

そんな中、完治の在宅日に、春輝が再び挨拶に訪れた。

しかし、美咲(石川恋)は完治の対応が‘上から目線’だと激しく反発。

完治は出向先でも、よかれと思った助言が川本(礼二)ら従業員達の反感を買ってしまう。

そんな完治に理解を示し、愚痴を聞いてくれるのは栞だけだった。

そして、2人で山に行く日がやって来る。

以上が、黄昏流星群 あらすじ 4話の紹介でした。

「黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~」の放送は、フジテレビ系にて 毎週木曜 22:00~22:54 です。

佐々木蔵之介さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント