僕とシッポと神楽坂 あらすじ 4話

僕とシッポと神楽坂 あらすじ 4話

相葉雅紀が獣医師役で主演。

「僕とシッポと神楽坂」11月2日(金)は、4話目の放送となります。

物語は、動物や飼い主たちとの交流を描く癒やし系ヒューマンドラマ

最新のあらすじが公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

僕とシッポと神楽坂 あらすじ 4話は、下記の内容となります。

「ナルタウン動物病院」の田代(村上淳)が、体力的に耐えられないとして手術を断った心臓腫瘍を患う犬のぐりを、同病院で研修中の広樹(小瀧望)が、達也(相葉雅紀)の元に連れて来る。

飼い主の早苗(滝沢涼子)が手術を強く望んでいるという。

達也は、手術を決断し成功させるが、数時間後、容体が急変してぐりは死亡。

翌日、ネット上の掲示板に「無理な手術をして犬が殺された」との書き込みがされ、中傷が拡散していく。

以上が、僕とシッポと神楽坂 あらすじ 4話の紹介でした。

「僕とシッポと神楽坂」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週金曜 23:15~24:15 です。

相葉雅紀さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント