ドロ刑 あらすじ 4話

ドロ刑 あらすじ 4話

中島健人が初の刑事役で主演!

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」11月3日(土)は、4話目の放送となります。

物語は、 “大泥棒”遠藤憲一とコンビを組んで難事件を解決する

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

ドロ刑 あらすじ 4話は、下記の内容となります。

大規模な‘コミフェス’開催に合わせてすり集団が東京に集結するという情報が入った。

そこで第三課の各係がすりの検挙数を競うことになり、鯨岡(稲森いずみ)は13係に気合を入れる。

元すり専門の左門(板尾創路)と組む斑目(中島健人)は街中を歩き回る彼の捜査手法に疲弊。

煙鴉(遠藤憲一)は斑目に、現行犯確保が原則のすり逮捕の難しさを語る。

そんな折、左門と斑目の前に史上最高のすりと呼ばれる銀次(杉本哲太)が現れる。

以上が、ドロ刑 あらすじ 4話の紹介でした。

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」の放送は、日本テレビ系にて 毎週土曜 22:00~22:54 です。

中島健人さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント