下町ロケット あらすじ 4話

下町ロケット あらすじ 4話

阿部寛さん 主演の感動巨編!

日曜劇場「下町ロケット」11月4日(日)は、4話目の放送となります。

物語は、宇宙から大地へ、佃製作所の新たな挑戦の幕が上がる!!

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

下町ロケット あらすじ 4話は、下記の内容となります。

神谷(恵俊彰)は、佃(阿部寛)と技術開発部長・山崎(安田顕)、「ギアゴースト」の伊丹(尾上菊之助)と島津(イモトアヤコ)を呼び、伊丹らに近しい人物の中に内通者がいる可能性を指摘。

買収計画が的場(神田正輝)らに漏れたのもその人物の仕業かもしれない。

だが、伊丹は苦楽を共にしてきた社員達を信じると言い、逆に神谷に不審感を抱く。

直後、伊丹らの部下・柏田(馬場徹)が内通者ではないかという疑惑が浮上。

そんな中、所用でギアゴーストを訪れた神谷は、本棚に並んだ雑誌が気になり、調べ始める。

以上が、下町ロケット あらすじ 4話の紹介でした。

日曜劇場「下町ロケット」の放送は、TBS系にて 毎週日曜 21:00~21:54 です。

阿部寛さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント