大恋愛 あらすじ 6話

大恋愛 あらすじ 6話

2018年 秋の連続ドラマ 金曜日のおススメは、戸田恵梨香さん 主演 金曜ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」です。

11月16日(金)は、6話目の放送となります。

脚本は、数々の人気ドラマを手掛け、“ラブストーリーの名手”と言われる大石静の完全オリジナル。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

大恋愛 あらすじ 6話は、下記の内容となります。

受診した尚(戸田恵梨香)は、侑市(松岡昌宏)から症状が半年前より改善していることを知らされ、喜びをかみしめる。

一方で、侑市は尚を食堂へランチに誘い、医学生のために病気について講演してほしいと依頼する。

そこへ強引に同席してきた侑市の担当患者・公平(小池徹平)が、尚の名前や病気のことをあれこれと聞き、尚は戸惑うばかり。

その頃、新しい小説に取り組む真司(ムロツヨシ)は編集者の水野(木南晴夏)からある申し出を受けるが・・・。

以上が、大恋愛 あらすじ 6話の紹介でした。

「大恋愛~僕を忘れる君と」の放送は、TBS系にて 毎週金曜 22:00~22:54 です。

戸田恵梨香さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント