僕とシッポと神楽坂 あらすじ 6話

僕とシッポと神楽坂 あらすじ 6話

相葉雅紀が獣医師役で主演。

「僕とシッポと神楽坂」11月16日(金)は、6話目の放送となります。

物語は、動物や飼い主たちとの交流を描く癒やし系ヒューマンドラマ

最新のあらすじが公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

僕とシッポと神楽坂 あらすじ 6話は、下記の内容となります。

高校生の香子(喜多乃愛)がチワワを連れ、達也(相葉雅紀)を訪ねてきた。

達也は最近、香子の愛犬をみとったが、その後、ボランティア活動をしている香子は、悪質なブリーダーの元から保護されたチワワを、飼い主が見つかるまで家で預かると話す。

香子の母・頼子(ホーチャンミ)は実は、達也の異母姉。

香子が達也の病院に出入りしていると知った頼子は、それを禁じ、チワワを家族にしたいという香子の頼みも却下する。

以上が、僕とシッポと神楽坂 あらすじ 6話の紹介でした。

「僕とシッポと神楽坂」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週金曜 23:15~24:15 です。

相葉雅紀さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント