中学聖日記 あらすじ 7話

中学聖日記 あらすじ 7話

2018年 秋の連続ドラマ 火曜日のおススメは、火曜ドラマ 「中学聖日記」です。

11月20日(火)は、7話目の放送となります。

物語は、有村架純演じる女性教師と男子中学生の“禁断の恋”を描くヒューマンラブストーリー

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

中学聖日記 あらすじ 7話は、下記の内容となります。

彩乃(石田凛音)が栄養失調からくる貧血で倒れ、保健室に運ばれる。

聖(有村架純)は彩乃を迎えに来た美和(村川絵梨)に、生活が改善しないなら、美和の実家に連絡すると忠告。

実家と絶縁中の美和は、もし連絡したら聖の秘密をばらすと脅してくる。

一方、愛子(夏川結衣)は教師を続けている聖が許せず、聖の過去を勤務先の小学校に教えようと考える。

また、晶(岡田健史)と付き合い始めたるな(小野莉奈)は聖の現状を知って・・・。

以上が、中学聖日記 あらすじ 7話の紹介でした。

「中学聖日記」の放送は、TBS系にて 毎週火曜 22:00~23:07 です。

有村架純さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント