リーガルV あらすじ 6話

リーガルV あらすじ 6話

2018年 秋の連続ドラマ 木曜日のおススメは、米倉涼子さん 主演
木曜ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」です。

物語は、豪華出演者がおくる次世代リーガルドラマ

11月22日(木)6話目の放送となります。

最新のあらすじが公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

リーガルV あらすじ 6話は、下記の内容とないます。

婚約者・夏純(逢沢りな)の名義で土地を購入した男性・塩見から、法外な金額を支払ったと相談を受けた青島(林遣都)。

塩見は翔子(米倉涼子)に促され夏純に電話するが、連絡がつかず、結婚詐欺が濃厚に。

2人の出会いは栞(東ちづる)が代表を務める高級婚活相談所で、実はパラリーガルの馬場(荒川良々)も夏純に貢いでいた。

キャバクラ嬢と判明した夏純は詐欺を否定するが、翔子は夏純が相談所の‘サクラ’だと確信する。

以上が、リーガルV あらすじ 6話の紹介でした。

「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 21:00~21:54 です。

米倉涼子さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント