僕とシッポと神楽坂 あらすじ 7話

僕とシッポと神楽坂 あらすじ 7話

相葉雅紀が獣医師役で主演。

「僕とシッポと神楽坂」11月23日(金)は、7話目の放送となります。

物語は、動物や飼い主たちとの交流を描く癒やし系ヒューマンドラマ

最新のあらすじが公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

僕とシッポと神楽坂 あらすじ 7話は、下記の内容となります。

トキワ(広末涼子)が風邪で休み、達也(相葉雅紀)と広樹(小瀧望)は、日用品の在りかさえ分からず右往左往。

一方、達也の幼なじみでフリーライターの名倉(大倉孝二)の愛犬ラブが発作を起こした。

達也は脳腫瘍の疑いがあると診断し、脳外科を専攻していた田代(村上淳)に診てもらおうと提案。

その結果、成功率50%の難しい手術になることが判明する。

どうすべきか悩む名倉の元に、芸者のまめ福(渚)が駆け付け、達也は驚く。

以上が、僕とシッポと神楽坂 あらすじ 7話の紹介でした。

「僕とシッポと神楽坂」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週金曜 23:15~24:15 です。

相葉雅紀さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント