下町ロケット あらすじ 7話

下町ロケット あらすじ 7話

阿部寛さん 主演の感動巨編!

(画像をクリックすると商品紹介のページに行けます。)



日曜劇場「下町ロケット」11月25日(日)は、7話目の放送となります。

帝国重工の手段を選ばない攻勢に佃は・・・

親友の技術も奪われ…なんと娘もライバルに・・・

佃はこのまま無人農業ロボットから手を引くしかないのか・・・

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

下町ロケット あらすじ 7話は、下記の内容となります。

的場(神田正輝)率いる帝国重工が内製化の方針を打ち出し、佃(阿部寛)達は切り捨てられる。

にもかかわらず野木(森崎博之)の協力は自分に取り付けさせようとする的場に、佃は激高。

頼みに来た財前(吉川晃司)を追い返す。

一方、殿村(立川談春)は地元農家の嫌がらせにも負けず農業に向き合っていた。

その姿を見た佃は、農業の未来のため財前の依頼を受けることに。

そんな中、帝国重工を恨む重田(古舘伊知郎)達は・・・。

以上が、下町ロケット あらすじ 7話の紹介でした。

日曜劇場「下町ロケット」の放送は、TBS系にて 毎週日曜 21:00~21:54 です。

阿部寛さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント