ハラスメントゲーム あらすじ 7話

ハラスメントゲーム あらすじ 7話

唐沢寿明がハラスメント問題に真っ向から立ち向かう会社員を熱演!

ドラマBiz「ハラスメントゲーム」11月26日(月)は、7話目の放送となります。

今回は、あらすじの紹介です。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

ハラスメントゲーム あらすじ 7話は、下記の内容となります。

秋津(唐沢寿明)は秘書・美那子(市川由衣)のわなにはまり、セクハラで訴えられる。

全ては秋津を恨む水谷(佐野史郎)の策略だった。

秋津は弁護士・咲子(松下由樹)から事情聴取を受けた際に無実を訴えるが、「証拠がない」と一蹴される。

潔白を信じる真琴(広瀬アリス)は真相を突き止めるため、矢澤(古川雄輝)と内密に動き出す。

しかし、決定的な証拠をつかむことができないまま時は過ぎ、役員の間で自主退職を促す声が高まる。

以上が、ハラスメントゲーム あらすじ 7話の紹介でした。

「ハラスメントゲーム」の放送は、テレビ東京系にて 毎週月曜 22:00~22:54 です。

唐沢寿明さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント