中学聖日記 あらすじ 8話

中学聖日記 あらすじ 8話

2018年 秋の連続ドラマ 火曜日のおススメは、火曜ドラマ 「中学聖日記」です。

11月27日(火)は、8話目の放送となります。

物語は、有村架純演じる女性教師と男子中学生の“禁断の恋”を描くヒューマンラブストーリー

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

中学聖日記 あらすじ 8話は、下記の内容となります。

聖(有村架純)と野上(渡辺大)の前に愛子(夏川結衣)が現れる。

聖は愛子に、晶(岡田健史)とはもう会うことはないと訴え、野上も聖との交際を明かすが、やりとりの中で、聖は愛子が決して自分を許していないと感じ取る。

そんなある日、美和(村川絵梨)が保護者達と学校に押し掛け、聖の過去を追及。

千鶴(友近)らのおかげで場は収まるが、聖は逃げてばかりの自分に苦しむ。

一方、勝太郎(町田啓太)に海外赴任の話が舞い込む。

以上が、中学聖日記 あらすじ 8話の紹介でした。

「中学聖日記」の放送は、TBS系にて 毎週火曜 22:00~23:07 です。

有村架純さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント