相棒 あらすじ 7話

相棒 あらすじ 7話

水谷豊さん 反町隆史さん 主演「相棒 season17」

物語は、4年目にして、3人目の特命係が現れる新たな展開に!

11月28日(水)は、7話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

相棒 あらすじ 7話の紹介です。

朝、街中を歩く大きなリクガメを見つけた右京(水谷豊)は後を付いていき、公園のテントの中で頭部を負傷し倒れている男性を見つける。

右京はテントにあった新聞を手掛かりに、意識不明のその男性が新聞歌壇に投稿を続けるホームレス歌人だと突き止める。

調べを進めると、男性は2年前に失踪した国交省港湾局の官僚の鮫島(山中崇)と判明。

鮫島は、2年前に発覚した政界を巻き込んだ談合疑惑のキーパーソンだった。

以上が、相棒 あらすじ 7話の紹介でした。

「相棒 season17」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週水曜 21:00~21:54 です。

水谷豊さん 反町隆史さんファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント