僕とシッポと神楽坂 あらすじ 最終回

僕とシッポと神楽坂 あらすじ 最終回

相葉雅紀が獣医師役で主演。

「僕とシッポと神楽坂」11月30日(金)は、最終回の放送となります。

物語は、動物や飼い主たちとの交流を描く癒やし系ヒューマンドラマ

最新のあらすじが公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

僕とシッポと神楽坂 あらすじ 最終回は、下記の内容となります。

トキワ(広末涼子)は、7年前に南米で行方不明になった夫・佑(眞島秀和)の件で外務省から連絡を受ける。

一方、達也(相葉雅紀)が迷子の柴犬を保護し、広樹(小瀧望)の貼ったポスターを見た蔦子(山下容莉枝)が病院にやって来た。

タロウという名のその柴犬は蔦子の母の飼い犬だが、母は現在寝たきりの状態でタロウも認知症と診断されたという。

達也はストレスを抱えて疲れ果てた蔦子に、いつでも連れて来ていいと話すが・・・。

以上が、僕とシッポと神楽坂 あらすじ 最終回の紹介でした。

「僕とシッポと神楽坂」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週金曜 23:15~24:15 です。

相葉雅紀さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント