ドロ刑 あらすじ 8話

ドロ刑 あらすじ 8話

中島健人が初の刑事役で主演!

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」12月1日(土)は、8話目の放送となります。

物語は、 “大泥棒”遠藤憲一とコンビを組んで難事件を解決する

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

ドロ刑 あらすじ 8話は、下記の内容となります。

手口捜査官の仕事をコンピューターに取られた細面(野間口徹)は、リストラにおびえる日々。

一方、斑目(中島健人)は煙鴉(遠藤憲一)との再会を喜ぶが、煙鴉は「大人の言うことは信用するな」と告げる。

そんな折、警視庁の窓を割って逮捕された男(大友康平)が、自分は‘煙鴉’だと自白。

それ以上は身元を語らず、取り調べに当たる13係の面々の秘密を次々と暴露する。

以上が、ドロ刑 あらすじ 8話の紹介でした。

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」の放送は、日本テレビ系にて 毎週土曜 22:00~22:54 です。

中島健人さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント