科捜研の女 あらすじ 7話

科捜研の女 あらすじ 7話

沢口靖子が科学捜査で難事件に挑む人気ミステリー

「科捜研の女」いよいよ第18シリーズへ!!

12月6日(木)は、7話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

科捜研の女 あらすじ 7話は、下記に内容となります。

人気ブロガー・絵美里(小沢真珠)の射殺体が見つかる。

現場は、やはりブロガーの紹子(高橋かおり)が暮らす村。

セレブの日常をつづる絵美里と自給自足の暮らしをつづる紹子はどちらの生き方が幸せかブログで人気を争っていた。

現場でライフル銃の弾が見つかり、マリコ(沢口靖子)らは猟友会に所属する紹子にライフル銃の提出を求めるが、銃は保管庫から消えていた。

以上が、科捜研の女 あらすじ 7話の紹介でした。

「科捜研の女」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 20:00~20:54 です。

沢口靖子さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント