黄昏流星群 あらすじ 9話

黄昏流星群 あらすじ 9話

2018年 秋の連続ドラマ 木曜日のおススメは、佐々木蔵之介さん 主演 「黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~」です。

物語は、弘兼憲史の同名コミック第1集「不惑の星」をベースに、図らずも落ちてしまったあらがえない運命の恋と、それを取り巻く人々の人間ドラマを描く。

12月6日(木)は、9話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

今回はドラマのあらすじを紹介致します。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

黄昏流星群 あらすじ 9話は、下記の内容となります。

完治(佐々木蔵之介)は役員に返り咲いた元専務・守口(春海四方)から、銀行に戻るよう要請され、頭取・秦(大谷亮介)からも電話を受ける。

即答を避けた完治がその件を真璃子(中山美穂)に話すと、思いがけない反応が返ってきた。

そんな中、完治は美しい月を見て、姿を消した栞(黒木瞳)に思わずメールする。

一方、真璃子の足は、春輝(藤井流星)と行った思い出の公園へと向かう。

以上が、黄昏流星群 あらすじ 9話の紹介でした。

「黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~」の放送は、フジテレビ系にて 毎週木曜 22:00~22:54 です。

佐々木蔵之介さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント