ドロ刑 あらすじ 9話

ドロ刑 あらすじ 9話

中島健人が初の刑事役で主演!

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」12月8日(土)は、9話目の放送となります。

物語は、 “大泥棒”遠藤憲一とコンビを組んで難事件を解決する

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

ドロ刑 あらすじ 9話は、下記の内容となります。

煙鴉(遠藤憲一)を捕まえると宣言する鯨岡(稲森いずみ)。

以前から煙鴉を妹・真里の敵と狙う皇子山(中村倫也)はじめ13係が一丸となって逮捕に動く一方、斑目(中島健人)には煙鴉が悪人とは思えない。

そんな中、眼前に現れた煙鴉は斑目を利用したと言い放ち、なおもすがる斑目に発砲して腕を負傷させ、逃走。

現場にはある会社顧問の名前が書かれたコースターが残されていて・・・。

以上が、ドロ刑 あらすじ 9話の紹介でした。

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」の放送は、日本テレビ系にて 毎週土曜 22:00~22:54 です。

中島健人さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント