下町ロケット あらすじ 9話

下町ロケット あらすじ 9話

阿部寛さん 主演の感動巨編!

(画像をクリックすると商品紹介のページに行けます。)



日曜劇場「下町ロケット」12月9日(日)は、9話目の放送となります。

無人トラクターが暴走、転倒・・・。

追い込まれた帝国重工は佃の親友が原因だと主張する!

佃は無実を証明できるのか・・・!?

佃VS利菜・・・

親子バルブ対決も!

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

下町ロケット あらすじ 9話は、下記の内容となります。

無人大型トラクターの試走で失態をさらした帝国重工。

かたや、重田(古舘伊知郎)や伊丹(尾上菊之助)らの「ダーウィン」は高い性能で圧勝するが、会場で見ていた島津(イモトアヤコ)や佃(阿部寛)は走行に違和感を抱く。

帝国重工では、トラクター転落の‘犯人’として野木(森崎博之)のシステムをやり玉に。

憤る佃は、財前(吉川晃司)と共に本当の原因を探る。

以上が、下町ロケット あらすじ 9話の紹介でした。

日曜劇場「下町ロケット」の放送は、TBS系にて 毎週日曜 21:00~21:54 です。

阿部寛さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント