僕らは奇跡でできている あらすじ 最終回

僕らは奇跡でできている あらすじ 最終回

2018年 秋の連続ドラマ 火曜日のおススメは、火9ドラマ 「僕らは奇跡でできている」です。

物語は、高橋一生さん 演じる変わり者の大学講師の日常を描くハートフルドラマ

12月11日(火)は、最終回の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

僕らは奇跡でできている あらすじ 最終回は、下記の内容となります。

樫野木(要潤)に「悪影響」「消えてほしい」と言われた一輝(高橋一生)は、講義も休んで森へ。

一輝が大学を辞めると知った新庄(西畑大吾)や琴音(矢作穂香)達は驚き、一輝を引き留めようと育実(榮倉奈々)に説得を頼む。

そこで育実は、歯の治療に来た一輝に辞める理由を尋ねる。

そんな中、一輝の辞職を巡って、育実や学生達、講師の沼袋(児嶋一哉)までもがそれぞれ行動を起こし・・・。

以上が、僕らは奇跡でできている あらすじ 最終回の紹介でした。

「僕らは奇跡でできている」の放送は、フジテレビ系にて 毎週火曜 21:00~21:54 です。

高橋一生さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント