黄昏流星群 あらすじ 最終回

黄昏流星群 あらすじ 最終回

2018年 秋の連続ドラマ 木曜日のおススメは、佐々木蔵之介さん 主演 「黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~」です。

物語は、弘兼憲史の同名コミック第1集「不惑の星」をベースに、図らずも落ちてしまったあらがえない運命の恋と、それを取り巻く人々の人間ドラマを描く。

12月13日(木)は、最終回の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

今回はドラマのあらすじを紹介致します。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

黄昏流星群 あらすじ 最終回は、下記の内容となります。

真璃子(中山美穂)は春輝(藤井流星)の母・冴(麻生祐未)から、これまでの礼を言われると同時に、ある決断を迫られる。

銀行に復帰した完治(佐々木蔵之介)は、不正融資に関する調査委員会の長を務め、融資が部長・井上(平山祐介)の独断ではなく、常務・金田(伊藤正之)ら幹部の関与を確信する。

一方、魚市場で働く栞(黒木瞳)は、不正融資の記者会見でテレビに映る完治の姿に驚く。

以上が、黄昏流星群 あらすじ 最終回の紹介でした。

「黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~」の放送は、フジテレビ系にて 毎週木曜 22:00~22:54 です。

佐々木蔵之介さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント